反撃の狼煙となるゴールを決めた横山。しかし、その後が続かずに「やっぱり勝てないとゴールを決めても……」と悔しさを口にした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 勝点3が求められた中国戦、なでしこジャパンは2-1で敗れた。リオ五輪の最終予選突破が絶望的な状況に追い込まれ、試合後には涙を流す選手もいた。それでも、チーム唯一のゴールを決めた横山は言う。「本当に少ないですけど、可能性があるので、みんなで前を向いて頑張りたい」と。

【女子リオ五輪予選 PHOTOハイライト】日本 1-2 中国

――◆――◆――◆――
 
――今日の試合を振り返ってください。
 
 本当に勝ちたかったんですけど、勝てなくて申し訳ない気持ちです。まだ可能性を信じて残り2戦、やるしかないですね。(今日の中国戦は)まずは勝ったら少しでも勢いに乗れるかと思ったので、そういう気持ちでいったんですけど、勝てなくて悔しいです。
 
――横山選手のゴールで空気が変わったと思いましたが?
 
 ゴールを決めたんですけど、1点じゃ足りなかったですし、点を入れたからって勝てたわけじゃなかったので、やっぱり勝てないとゴールを決めても……。本当に少ないですけど、可能性があるので、みんなで前を向いて頑張りたいと思います。