世界選手権団体戦 日本女子が45年ぶり頂点に王手

ざっくり言うと

  • 卓球女子の日本代表は4日、世界選手権団体戦で北朝鮮と対戦
  • 3−1で勝利し決勝進出を決め、45年ぶりの優勝に挑むことになった
  • 伊藤美誠がストレート負けを喫したが、福原愛らが押し切って勝利をつかんだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング