4日、中国の全国人民代表大会の傅瑩報道官は北京の人民大会堂で記者会見し、5日開幕する全人代に提案される16年の「国防予算」の伸び率は前年に比べて「7〜8%の間になる」と述べた。

写真拡大

2016年3月4日、中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の傅瑩(フー・イン)報道官は北京の人民大会堂で記者会見し、5日開幕する全人代に提案される16年の「国防予算」の伸び率は前年に比べて「7〜8%の間になる」と述べた。環球時報が伝えた。

米メディアの記者らが昨年と比べて変わった部分、増加分の詳細、南シナ海問題や朝鮮半島問題との関連などを質問。しかし、傅報道官は「予算は明日全人代に提案する。伸び幅は過去数年に比べて小さかった。明日になれば詳細が分かるだろう」と述べるにとどめた。

また、傅報道官は習近平(シー・ジンピン)国家主席が昨年9月3日の大閲兵式で「中国人民解放軍は国家の安全と人民の平和を守るため、忠実に職務にあたっている」と話したことを指摘。「われわれは現在、軍改革を進めており、すべてはその目標を達成するために行っている」と話した。(翻訳・編集/大宮)