奇跡のお茶!肌荒れ・花粉症にルイボスティーがおすすめな理由

写真拡大

「鼻や目は大丈夫だけれど、花粉でお肌が荒れてしまう」という方もいらっしゃいますよね。風が強いこの季節は、乾燥によってお肌のバリア機能が弱まり、花粉やホコリなど、外部からの刺激に敏感になっています。そんな春のゆらぎ肌には、「ルイボスティー」が効果的! 飲んでも、お風呂に入れてもいいそうですよ。

■春のゆらき肌に「ルイボスティー」がオススメの理由2つ

(1)バリア機能を高める

ルイボスティーは強い抗酸化作用があり、原産地である南アフリカで「奇跡のお茶」、「魅惑の健康茶」などと呼ばれています。体内に常に発生する活性酸素は、お肌の細胞にダメージを与えて細胞をサビさせ、ターンオーバーを乱しお肌のバリア機能が弱まる原因になります。

またルイボスティーには、お肌を守る大切な栄養素であるミネラルも豊富です。とくにカルシウムは、お肌の顆粒層に存在し、細胞同士のつながりを強めて、お肌のバリア機能を高める働きがあることがわかっています。


(2)抗アレルギー作用でかゆみを軽減

ルイボスティーには、アレルギー反応を引き起こし、かゆみの原因となるヒスタミンの分泌を抑える働きがあることがわかっています。速効性はありませんが、高い確率で効果を発揮するとのこと。花粉症はもちろん、日頃からアレルギー症状が気になる方は、毎日のお茶をルイボスティーに変えるとよさそうですね。

■ルイボスティーの効果的ないれ方・使い方

(1)10分煮出す

お湯を注ぐだけでも飲むことはできますが、10分煮出すことで抗酸化力が高まるそうです。茶葉をすぐに取り出さず、冷めるまで放置すると、さらに効果的ですよ。


(2)お風呂に入れる

飲むだけでなく、お風呂にルイボスティーを入れ、直接肌につけることでもアレルギー症状を抑える働きがあるそうです。


ルイボスティーはクセがなく、とても飲みやすいお茶です。便秘の解消にも効果があるといわれています。肌荒れが気になる方は、ルイボスティーを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未)


【あわせて読みたい】
春までにダイエット!コンビニランチで選ぶべき食べもの5つ
・ビューティー食材「煮干し」!選び方・保存方法・食べ方


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
・美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
・NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方
・ダイエット・美髪に◎!欧米で話題「アマランサス」の食べ方
・お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ


【参考】
※成分情報 ルイボス - わかさ生活
※ルイボスティーのすべて - 日本SOD研究会
※ルイボスティー - 抗酸化研究会