ビートたけし

写真拡大

4日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、プロインタビュアーの吉田豪氏が、ビートたけしから詰め寄られていた過去を明かす一幕があった。

番組では、「その筋の話」のコーナーに吉田氏が登場した。その中で、金曜日パートナーの浅草キッド・玉袋筋太郎が、師匠であるたけしに会う度「おい、吉田豪ちゃんに謝っといててくれ。謝ってくれ、頼む」と言われていることを明かした。

すると、吉田氏は「ある事件があった」とし、玉袋はたけしから「頼むから、この話をして笑いにしてくれ」と言われていると打ち明けた。吉田氏は「笑いとして消化しましょう」と応じ、2015年12月2日「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に吉田氏がゲスト出演したときのエピソードを披露した。

吉田氏がほかの共演者と和気藹々と談笑している中、スタジオに現れたたけしは険しい顔で真っ直ぐ吉田氏に寄ってきたという。そして「おい、お前か、吉田ってのは、おい」「お前、なんかオレの悪口を週刊誌で書いてたらしいな」と、いきなり脅してきたそう。

吉田氏が身に覚えがないと言っても、たけしの怒りはおさまらず「お前オレの顔が曲がってるとかなんか書いたらしいじゃねぇか」「よくお前、オレの番組に出てこれたな」と、たたみかけてきたのだとか。

「絶対違う」と否定する吉田氏をよそに、たけしは「あ?証拠出てきたらどうすんだ」とマジギレしていたそう。そして、吉田氏がたけしに詰められた状態のまま本番がスタートしたのだという。

吉田氏は、番組前半の出番がないとき、プロデューサーに帰ったほうがいいか相談したが、留まるように指示され、たけしの事務所「オフィス北野」の面識ある人物からも、あとで誤解を解くから今の状態でも出てくれと言われたそう。

吉田氏は、ビビって引いても出過ぎてもたけしを刺激すると思い、たけしのギャグには笑うが、そのほかは神妙な顔をして過ごしていたというのだ。

ところが、収録の途中で、たけしが突然「吉田さん、さっきはごめんな」「あれはオレの勘違いだったわ」と謝罪、さらに収録後にもたけしに謝罪されたとのこと。

そしてその夜、たけしから玉袋に電話があり「ちょっと間違えちゃって。謝っといてくれねぇか。頼むぞ」「謝んないと、お前、とんでもないことになるぞ」と、なぜか玉袋が脅されたのだとか。

吉田氏は「オフィス北野のいろんな人と仕事をするたび、謝られる」「なんなんだ、これ。不思議」と、結局、吉田氏自身はなにもしてないが、周囲から謝罪が続いている不思議な状態であることを明かしていた。

【関連記事】
小島瑠璃子の発言にビートたけしが呆然「たけしさん絵を描くんですか?」
ビートたけしのコントに受刑者がツッコミ「そんな斬り方で人が死ぬか」
村本大輔が山里亮太との共演NGを番組スタッフにねつ造されたと告発