安室奈美恵、台北に到着  大勢のファンが出迎え=週末に台湾公演

写真拡大

(台北 4日 中央社)歌手の安室奈美恵が4日午後、台北市の台北アリーナで5、6日に開催する約3年ぶりの台湾公演のため、台湾を訪問した。安室を出迎えようと、台北松山空港にはおよそ200〜300人のファンが集結。安室は終始恥ずかしそうに下を向いていたものの、取材陣やファンの呼び掛けには笑顔を見せ、手を振る場面もあった。

安室は写真撮影には応じたが、あいさつなどはせず、足早に車に乗り込んだ。ロビーに現れてから車に乗り込むまでの時間は3分足らずだった。その姿をとらえようと、テレビカメラ20台近くが安室を取り囲んでいた。

安室が台北アリーナでコンサートを開くのは、2008年、2009年、2013年に続いて4度目。日本の女性歌手として最多記録となる。

昨年5月には、同会場で行われた台湾の歌姫ジョリン・ツァイ(蔡依林)のコンサートにゲスト出演。コラボレーション曲「I'm Not Yours」をデュエットし、会場を熱狂に包んだ。

インターネット上では、今回はジョリンがゲストとして登場するのではと期待する声も上がっているが、主催者は3日、ゲストに関する情報は得られていないとした。

(名切千絵)