Doctors Me(ドクターズミー)- 花粉症の時期だけ敏感肌…花粉からお肌を守る3つのポイントとは

写真拡大

花粉症といえば鼻水やくしゃみ、あるいは目の充血といった症状を抱える方は多いと思います。
特にお化粧をする方は、普段のファンデーションでもかゆくなってしまうなど、花粉症の時期にお肌が敏感になってると感じることもあるかもしれません。

今回は、花粉症が肌に与える影響について、医師に話を聞きました。

花粉が肌に与える影響とは?

花粉症の季節は、季節の変わり目です。
そのためスギ花粉が飛ぶ季節は、気温の変化による自律神経の乱れ、一年の節目の忙しさからストレスを強く感じること、生活リズムを崩したりしがちな時期に重なり、体調を崩しがちな人も多いのではないでしょうか。

花粉症の中でも『肌の花粉症(花粉皮膚炎)』を発症する場合があります。
特に、肌が乾燥していて、表面が荒れた状態だと、ダイレクトに空気中を飛散する花粉の影響を受けやすくなります。

【肌にあらわれる花粉症の代表的な症状】
・かゆみ
・顔全体の腫れぼったさ
・赤っぽい発疹ができる
・乾燥

傷つきやすくなっているお肌に、頻繁にティッシュで鼻をかんだり、目元をこすったりするして、弱っている肌にさらに刺激を与えてしまうこともあります。

お肌のための花粉症対策

花粉症によるお肌を守るための3つのポイントをお伝えします。

1.保湿する
敏感肌用のケア用品でこまめに保湿しましょう。
特に冬の間の厳しい乾燥によって、すでに肌が乾燥している場合は花粉による肌への刺激に敏感になりがちです。
水分量が十分であれば、肌のバリア機能も働きやすく花粉のダメージも比較的少なくて済むことが多いです。保湿力の高いパックや美容液などのスペシャルケアをしてみてもよいかもしれません。
(※ただし、お肌がとても敏感になっているので注意も必要です。新しい化粧品を試す場合にはパッチテストをしたり、低刺激なものを選ぶなど気をつけましょう。)

2.花粉からの肌を守る
できるだけ花粉に肌をさらさないようにしましょう。
マスクや眼鏡、帽子といった目・鼻・口を守る装いは、そのまま花粉による肌荒れにも有効です。今日は花粉に多く触れたかな、という日は帰宅したらすぐ洗顔するといいです。もちろん、この場合も保湿は忘れずにおこないましょう。

3.生活リズムと食生活を整える
肌を健康に保ちダメージを受けた肌を修復するため、しっかり睡眠をとり、栄養バランスの取れた食生活を心がけることも大切です。
花粉に対する肌の影響を最小限に抑えるためには、まず身体を健康な状態に保つことが大切です。

【医師からのアドバイス】

花粉から大切な肌を保護するため、3つの花粉症対策「保湿をする」「花粉からの肌の保護」「生活リズムと食生活を整える」をしっかり実践し、この季節を乗り越えましょう。

(監修:Doctors Me 医師)