写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルノー・ジャポンはこのほど、マイナーチェンジによりエンジンとトランスミッションを改良した「キャプチャー」を全国のルノー正規販売店で発売した。

「キャプチャー」は、「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバーモデルで、力強いエクステリア、2.0リットルエンジンに匹敵する性能を発揮する1.2リットル直噴ターボエンジン、そのエンジンの力をスムーズかつ効率良く路面に伝えるエフィシエントデュアルクラッチが特徴となっている。

今回登場した新型「キャプチャー」は、エンジンのトルクが向上し、エフィシエントデュアルクラッチのギア比が変更された。これにより、変速のスムーズさに加えて加速性能も向上。街中からロングドライブまで、さらに運転がしやすく、意のままに楽しめるモデルとなった。ストップ&スタート機能も新たに搭載され、燃費性能が向上している。

ボディカラーには新たに「ベージュ サンドレM(ボディ)+イヴォワール(ルーフ)」「ベージュ サンドレM(ボディ)+ノワール エトワールM(ルーフ)」が加わった。価格は「キャプチャー インテンス」が267万2,000円。「キャプチャー ゼン」が256万9,000円(ともに税込)。

(山津正明)