写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イタリアのアウトモビリ・ランボルギーニは、スイスで開催された「ジュネーブ国際モーターショー」にて、「ウラカン LP610-4 アヴィオ」を発表した。同モデルは名前・色合い・素材について、飛行機や航空術から着想を得ている。

「ウラカン LP610-4 アヴィオ」は開発当初から戦闘機をイメージして作られ、戦闘機に使われるテクノロジー、空力学や人間工学の技術、さらにスタイルも取り入れた。操作系も飛行機にヒントを得ており、デジタルインストルメントクラスター、コックピットのようにセンターコンソールに設けられた各制御装置、赤いエンジン始動ボタンなどを採用。リフトシステム、クルーズコントロール、ナビゲーションなどの機能も標準装備として搭載された。

エクステリアは、ドアパネルにランボルギーニの"L"と、ランボルギーニ社設立の1963年の"63"を表す「L63」のロゴが付き、「L」と「63」の間には、イタリアの三色旗をモチーフとし、航空業界では国籍を表す円形章を表現している。ボディカラーは独自に開発された5つのカラーが用意された。標準カラーはパール光沢仕上げの「グリジオ・ファルコ」で、オプションカラーとして、いずれもマットの「ブリュ・グリフォ」「グリジオ・ニビオ」「グリジオ・ヴルカーノ」「ヴェルデ・トゥルビン」を用意。これらはイタリア空軍アカデミーコースを示す紋章にちなんでいる

「ウラカン LP610-4 アヴィオ」は2016年夏にはショールームに展示される予定で、日本での価格は2,820万円(税込)。250台のみの限定モデルとなっている。

(山津正明)