今や車内にも空気清浄機を置ける時代となりました。クルマ用の空気清浄機はコンパクトで、スペースの幅も取らないものがとても多いです。

今回は最新のクルマ用空気清浄機を5つに厳選して紹介していきます。快適な空気の中で運転を楽しむことができますよ。

■デンソー PCDNT

カップタイプの空気清浄機は今までも発売されていましたが、今回は新たにモデルチェンジして登場しました。

従来のものよりコンパクトサイズになり、よりスペースを取らなくなりました。さらにはUSB充電も可能に。イオン濃度も従来のものより上がっており、より短時間で性能を発揮できるようになりました。

製品情報:PCDNT │DENSO

■シャープ IG-HC1

お菓子をイメージしたデザインとなっており、女性ならつい惹かれてしまうほど。取り付けも簡単に行えます。エアコン部分に付け、エアコンの気流とともにイオンが車内に運ばれていく仕組みです。

「エアコンが付いていないと使えないの?」と思うかもしれませんが、その心配はありません。エアコンが作動していなくても、本体のファンによって60cm先までイオンが届くようになっています。

製品情報:IG-HC1│SHARP

シャープ IG-HC15

カップホルダータイプの空気清浄機です。ターボ運転が搭載されているため、標準時と比べて消臭の速さが2倍に上がりました。ボタンも大きいため、操作も楽々。吹き出し角度も調整ができるため、自分好みの角度を選べるのも魅力的。

花粉キャッチフィルターが装備されているため、これからの時期にも最適です。

製品情報:IG-HC15│SHARP

■シャープ IG-HCF15

プレフィルター・脱臭フィルター・集じんと脱臭の一体型フィルターの3つが搭載されています。サイズは大きめですが、ヘッドレスに装着ができるため意外と場所は取らないもの。

サイズが大きいため、ミニバンサイズでも充分な威力を発揮するのが魅力的。搭載されているセンサーにより、車内の空気状況によって自動で風量等の調整をしてくれます。

製品情報:IG-HCF15│SHARP

■COSTEL airvita USB-13

シガーソケットに差すタイプの空気清浄機です。差し込んでも角度が180度調整可能となっており、ピンポイントの角度に設定できるのは嬉しいです。作動4時間後には病原菌や有害物質を99,9%除去できるという、自社実験の結果が出ています。

USBアダプタが付いているため、スマートフォンなどの充電をすることも可能。世界26ヶ国に発売されており、日本にもとうとう初上陸です。

製品情報:airvita USB-13│COSTEL

空気清浄機が1つあるだけで、車内の空気を快適にすることができます。乗っている車や用途にあわせて、ベストなモデルを選んでくださいね。

(鈴木 唯)

デザインも性能も魅力的!クルマ用のオススメ空気清浄機5選(http://clicccar.com/2016/03/04/356830/)