パスポート自由度ランキング、台湾は29位  日本は5位

写真拡大

(ニューヨーク 4日 中央社)パスポートの自由度を示す2016年版の「ビザ制限指数」のランキングで、台湾は昨年から順位を1つ下げ、29位となった。ビザ免除が認められている国・地域は137だった。

ランキングは英コンサルティング会社のヘンリー・アンド・パートナーズと国際航空運送協会(IATA)が、ビザなしで入れる国・地域数に基づいて順位をつけたもの。トップは177カ国・地域でビザが免除されているドイツだった。2位はスウェーデン、3位にはフィンランド、フランス、イタリア、スペイン、英国が並んだ。

2014年と2015年に3位に並んだ日本と韓国はそれぞれ5位と6位に下落。一方、中国大陸は87位で昨年から6つ順位を上げた。台湾は、ランキングが初めて公表された2006年は55位だったが、2014年には過去最高となる24位にランクインしていた。

(編集:杉野浩司)