伝記映画主演に遺族が大激怒「二度と名前を口にしないで。一生そうして」。

写真拡大

女性黒人ジャズ歌手、故ニーナ・シモンの伝記映画「ニーナ」の予告編が発表されるや否や、シモン一家が主演のゾーイ・サルダナ(「アバター」など)を酷評した。

ジャズ歌手でありながら公民権運動にも尽力したことで知られ、2003年に70歳でこの世を去ったニーナを新作映画の中で演じたゾーイに対し、シモン一家は「二度とニーナの名前を口にしないで欲しい」と言い放つほど大激怒している。

事の発端は、ゾーイが予告編公開後にニーナの言葉を引用し、自身のツイッターに「私にとっての自由の意味を皆さんに伝えるわ。それは恐れないこと。恐れないことなのよ」とコメントしたことに始まり、ニーナの遺族が運営するニーナ・シモン公式ツイッターはそのコメントに対し「クールなストーリーだけど、二度とニーナの名前を口にしないでください。一生そうしてください」と返信したのだ。

その後すぐにニーナのツイッター公式アカウントは映画予告編について「私たちの辛さを皆さんが分かってくれることを願っています。心が張り裂けそうで、ぞっとするほど嫌な気分。きっとそのうち消えてなくなるとは思いますが、今はそうではありません」とツイートしている。

さらにニーナの家族からの批判はツイッターだけにとどまらず、公式Facebookページでも、同作品が公開される4月22日には、映画館に足を運ぶことなくニーナの作品を自宅で楽しんで欲しいとコメントした。

「4月22日金曜日にはファンのみなさんに自分たちでニーナ・シモンの曲を聴いたり映像を観たりする日にして欲しいです」
「私たちはこの日をニーナの人生と音楽をお祝いする別の機会として使うことができるはずです。一緒にネガティブからポジティブなものを作り出して、本物のニーナ・シモンを称えましょう」
「ニーナの遺産を廃れさせるものなどありません。彼女の賜物を誰も奪うことなんてできないし、彼女が私たちと共有してくれた宝物を奪うこともできないのです」
「4月22日は本物のニーナ・シモンに自由について語り、歌わせてあげましょう」

また、予告編を見た多くのファンたちはツイッター上で、映像の中でゾーイの顔の色素が普段よりも黒くなっていると指摘している。

ニーナの娘シモーネ・ケリーは以前、あるインタビューの中で、ゾーイはニーナを演じるには不適切だとして「私の母は鼻が横に大きく、肌も黒すぎると当時言われていたのよ。見た目の観点からいって、ゾーイは適切な選択ではないわね」と話していた。