三菱電機の監視カメラ環境と、NTTコミュニケーションのクラウド、映像解析を組み合わせた新たなソリューションのイメージ図(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 三菱電機とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3日、監視カメラシステムとAI(人工知能)による映像解析技術をクラウドなどと連携させた新たなソリューションを提供していくにあたり、協業することを発表した。

 今回の協業は、三菱電機が持つ監視カメラシステム、防犯・インフラ設備監視のシステム構築、光通信・無線通信・映像解析などの技術力と、NTT Comのクラウドサービス、AIによる動作検知などの映像解析技術を組み合わせて、監視カメラを使った新しいビジネスの創出を目的としたものとなる。

 両社は2016年度上期から小売店舗や金融店舗などでの実証実験を行い、映像解析の実用性やネットワーク周りのシステム最適化を検討して、実サービスの提供をめざしていく。

 また、監視カメラとAI技術を活用した映像解析の連携システムは、8日から東京ビッグサイトで開催される「SECURITY SHOW2016」にて参考出展される。

■関連リンク
SECURITY SHOW 特集
防犯システムNAVI
防犯システムNAVIデータベース