「2,000個のパチンコ玉」と木のパーツが奏でる、美しい音楽(動画あり)

写真拡大

3,000個の木のパーツと2,000個のパチンコ玉を使って、ドラム、ベース、ヴィブラホンなどの楽器を手動で奏でられるミュージックボックスが作製された。閲覧回数が370万回を超える人気動画をご紹介。

スウェーデンの音楽家マーティン・モリンが作製した「Wintergartan Marble Machine」は、手動により2,000個のパチンコ玉を使ってドラム、ベース、ヴィブラホンなどの楽器を弾くミュージックボックスだ。

「「2,000個のパチンコ玉」と木のパーツが奏でる、美しい音楽(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

美しい形に切り取られた多数のパーツ、トラック、滑車、じょうごで構成されており、これらがパチンコ玉を集め、新たな経路に運ぶ。これはまさに芸術品だ。

2014年の秋から開始されたとされる製作の全過程は、WintergartanのYouTubeページで見ることができる(製作プロセスをまとめて見ることができる動画を文末に掲載。なお、ハネス・ ナットソンが撮影した冒頭の動画は、現在の閲覧回数が370万回以上になっている)。

モリン氏がWIREDに語ったところによると、このプロジェクトは、すでに存在するマーブルマシンというサブカルチャーから直接刺激を受けたものだが、一度しか使用できないデモ用ボックス以上のものをつくるという目的を持っていたという。

「音楽を奏でるマーブルマシンは以前からありましたが、わたしはおそらくプログラム化できるマーブルマシンを作製できると思っていました。無秩序にならず、奏でる音を実際に制御できるものです」と、モリン氏は述べている。

「3Dソフトウェアで設計図を描きました」とモリン氏は言う。最初は、このマシンの土台となる、80cmの立方体から開始した。だがその後は、少しずつ試行錯誤していく方式になった。モリン氏がすべてのピースをつくり、型取りし、少しづつ形を調節していったのだ。最終的には、すばらしく奇妙な形態のマシンができあがった。

モリン氏は、最初は製作に2カ月かかると見込んでいた。実際には14カ月が必要だった。

中央部分のホイールは32本のスポークを備えた輪で、楽曲のキーは演奏中に調節できる。動画では、Eマイナーから始まり、2個目の車輪でCメジャーへと移行している。

「わたしはMidiで曲作りをしてきました。現在では誰もが、グリッドやコンピューターで作曲をします。けれども、デジタル技術が登場する以前も、人々はプログラム制御のすばらしい楽器をつくっていました。メロディを奏でる鐘塔や教会の塔には、マーブルマシンに搭載されているのとまったく同じような、プログラミングできるホイールが常に使われていました」

モリン氏たちは、もっと小型のものなど、いくつかの新しいマーブルマシンをつくる予定だ。最終的な計画は、同じような形態で、もっとツアー用に適した新しいマシンをつくることだ。現在のところ、このマーブルマシンを持ち運ぶためには、一度分解し、再び組み立てる必要がある。

「製作方法についてはだいぶ学んできたから、それほど時間はかからないと思います」とモリン氏は語っている。

関連記事:ピアニストの演奏を「完璧に」再現する自動演奏ピアノ

TAG

DIYInstrumentMusicVideoWIRED UK