石黒浩教授と「Geminoid HI-4」。人間はどちら?(正解:石黒教授は左)

写真拡大 (全2枚)

 NTTの研究所が、ビジネスイベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2016」に展示するというアンドロイド。「どちらが人間?」と目を奪われる。

 このアンドロイドは、世界的なロボット工学者・大阪大学の石黒浩教授が開発したAndroid「Geminoid HI-4」。外見が独特なため、「教授がふたり?!」と思わず言いたくなるが、それ以上に搭載されている機能もすごい。「耐騒音集音技術」「音声認識技術」「雑談対話技術」など、NTTの研究所が独自開発した各種AI技術を搭載しており、自然な会話が可能だという。

 「SXSW2016」は、3月14日〜15日にテキサス州オースティン市で開催され、音楽・映画・インタラクティブをテーマに、さまざまな展示が行われる。NTTは、最先端のAI関連技術とロボットを用いた「AIショーケース」と、IoT/映像技術を用いた「インタラクティブライブショーケース」を出展する予定で、「Geminoid HI-4」はAIショーケースで展示されるとのこと。石黒教授自らの講演も開催され、。

 そのほか「AIショーケース」では、集団型対話ロボット「CommU」も展示。こちらも、複数のロボットが掛け合いしながら応対するとのことで、いままでのロボットとは、一味違う対話が楽しめそうだ。また「インタラクティブライブショーケース」では、アーティスト「Yun*chi」が、“スマホと脈拍センサを活用するライブ”を開催する予定だ。