画像

写真拡大

 アプリ内動画広告事業を展開するVungleは、1月12日に日本法人である株式会社Vungleを設立。3月3日よりサービス提供を正式に開始した。すでに国内企業との提携も進めており、本格的にサービス提供を進めていく。

 アメリカ・サンフランシスコを拠点とし、 アプリ内動画広告事業を展開するVungle, Inc.(以下、Vungle)は、さらなる事業展開のため、1月12日に日本法人である株式会社Vungleを設立。3月3日よりサービス提供を正式に開始した。

 Vungleは、2億人以上のユーザー、25億以上の月間ビュー、18,000を超えるグローバルアプリへの配信面を持つアプリ内動画広告プラットフォームを提供。動画広告をゲーム機能にシームレスに溶け込ませ、UX向上を伴ったプレースメントを行えるのが特徴で、アプリデベロッパーの最適なマネタイズと、 広告主の効率的な広告表示を実現する。

 北米においては、App StoreとGoogle Playのアプリトップランキング20中、 約80%のゲーム・デベロッパーが同社の広告プラットフォームを利用している。

 また日本国内においても、グリーアドバタイジング、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントなどと提携を進め事例も出しており、今後サービスを本格的に提供開始していく。

MarkeZine編集部[著]