加熱加工と油漬けで長期保存可能に

写真拡大

日本で初めて明太子を売り出したしたふくや(福岡市)が常温で2年間保存できる「缶明太子 油漬け」を開発した。2016年3月2日からふくや直営店・オンラインショップなどで販売している。

福岡土産の定番として知られる明太子は、生ものなので日持ちしないというネックがあった。手土産として「明太子を贈りたい」というニーズにこたえるため、加熱加工をして油漬けにすることで長期保存を実現した。

明太子の辛さはそのままに、粒の食感をしっかり感じられる加熱方法で香ばしい風味に仕上がっている。

85グラム入りで756円(税込)。