「宇宙からの光」で夜の地球を照らすプロジェクト:ロシア

写真拡大

ロシアのクラウドファンディングで、四面体型反射体を宇宙に打ち上げ、太陽からの反射光により夜間の地球を照らすという計画の資金が調達された。ロシアは1993年、同様の実験に成功している。

「「宇宙からの光」で夜の地球を照らすプロジェクト:ロシア」の写真・リンク付きの記事はこちら

モスクワ大学機械工学部(MAMI)のエンジニアと宇宙ファンたちで構成されたグループが、クラウドファンディング・プロジェクトで目標額を達成した。今後の夜空に短期間の変化をもたらすかもしれないプロジェクトだ。

「Mayak(灯台の意)」衛星プロジェクトは、16平方メートルの四面体型反射体を搭載した太陽同期衛星だ。軌道を周回するこの反射体は、太陽の光線を地球に反射させ、夜空で地球の一部を明るく照らすという。

Mayakを計画しているこのチームは、Kickstarterに似たロシアのクラウドファンディング・サイト「Boomstarter」で、目標150万ルーブルのところ、181万ルーブル(282万円)の資金を調達した(文末に動画掲載)。

同チームのページによると、ロシアの宇宙開発国営企業ロスコスモスが、「2016年半ばの『ソユーズ2』ロケットの打ち上げ時に、Mayakが搭載される可能性について認めた」という(打ち上げが予定されているこのソユーズには、森林火災をモニタリングする地球観測衛星「Canopus-B-IR」も搭載される予定だ)。

多くのクラウドファンディング・プロジェクトと同じように、Mayak衛星プロジェクトでも、ユーザーがいつでもMayak衛星の場所を確認できるモバイルアプリを用意する予定だ。

同プロジェクトはさらに、目標額を拡大した。次の目標は、モスクワにある宇宙飛行士記念博物館に展示できるよう、Mayakの模型を作成する資金を獲得することだ。

その後チームは、Mayak(および可能性のある今後のほかの人工衛星)の大気圏再突入を助け、逆推進ロケットを使用せずに同衛星を回収するのに役立つ、試験的な大気制動システムを作成したいと考えている。

過去にもロシアは実験的に、もっと大きな反射体を軌道に打ち上げたことがある。1993年、宇宙ステーション「ミール」へ向かうプログレス補給船に、アルミニウム加工プラスティック製の反射ディスクである人工衛星「Znamya(「国旗」の意)」が搭載された

Znamyaの目的は、太陽帆の実現可能性を試すことだったが、それと同時に、軌道上を回る直径20mの鏡によって、太陽からの反射光によって夜間に地球上の複数の地域を明るくする、軌道上照明(orbital lighting)の実験を行うことも目的だった(実験は成功し、満月時と同じ明るさの地域が幅5kmにわたって秒速8kmで移動したという。その後、直径25mのZnamya2.5の実験も行われたが失敗。直径60mのZnamya3は構想段階で終わった)。

軌道上照明というアイデアは、複数の軌道周回鏡により日中の時間を延長して、作物の収穫や、主要な建設プロジェクト、災害対応作業に役立てるというものだ。このコンセプトはもともと、近代ロケット工学の父のひとりとされるドイツの宇宙理論家ヘルマン・オーベルトが1920年代に考案したものだ。

※米海軍調査研究所(NRL)などは、軌道上で太陽発電を行い、地球にマイクロ波で送電する技術を開発している(日本語版記事)。

TAG

Ars Technica USCrowd FundingRussiaSatelliteSolarMirrorVideo