特大サイズのハンバーガーを提供するカールスジュニア

写真拡大 (全2枚)

「安くて早い」が売りだったファストフードバーガーの常識が変わろうとしている――。米カリフォルニア州発祥で、世界中に3652店舗を展開する巨大ハンバーガーチェーン『Carl’s Jr.(カールスジュニア)』が、3月4日、東京・秋葉原に上陸する。かつて日本に進出していた時期(1989年より8年間)もあったので、正確には“再上陸”を果たす。

 なぜ、再び日本なのか。報道関係者向けに開かれたプレオープンで、同チェーンを運営する米CKEレストランホールディングスの海外担当幹部は、こう強調した。

「日本の消費者は品質が高くおいしい食べ物に目がないことで知られている。カールスジュニアは新鮮な材料を使った高品質メニュー、そして最高のサービスを提供するバーガー業界トップクラスのチェーン。その点で日本市場はぴったりでライバルもいない」

 確かにカールスジュニアには、従来のファストフード店を凌駕する特徴が随所にみられる。

 すべての商品が注文を受けてから調理し、客席まで運ぶ“手作り出来たて重視”のスタイル。また、主力商品の「Thickburger(シックバーガー)」はアンガス牛100%、チキンバーガー系には国産の鶏胸肉100%が使われている。その他、トマト、タマネギ、レタス、パイナップル、マッシュルームなどトッピングの品質にもこだわっているという。

 何よりも驚くのは価格帯。シック(分厚い)バーガーはその名の通り、片手では持ちきれないほどのボリュームもさることながら、単品価格は850〜1220円と高額だ。

「高めの価格だが、原価率は約4割と他チェーンが3割以下に抑えているのと比べて採算を取るのが難しいレベル。それだけ品質には絶対の自信を持っている」(同店関係者)というが、これまでマクドナルドなどで500円程度のセットメニューを食べていた若者にとっては、明らかに敷居が高い。

 さらに、客の回転率が勝負のファストフード店に考えられない「おかわり自由」のドリンクバーを設置している。本国では当たり前の光景だが、狭い立地に競合がひしめく日本では、飲み物だけの長居が売り上げ減に直結する懸念がある。前出の関係者は、「1グループ40分前後の滞在時間を想定しているが、長時間並んで入れば1時間を超える人もいるだろう」と予測する。

 こうしてみると、カールスジュニアの戦略はファストフードの領域を超え、本格料理をじっくりと味わってもらいたいという意図が透けている。目指すのは、巷間で称される“グルメバーガー”の地位なのかもしれない。

 そもそも、ファストフードバーガーとグルメバーガーの境界線はどこにあるのか。バーガー研究家の肩書きを持つフードコンサルタントの白根智彦氏が、独自の見解を述べる。

「値段が安いからファストフードバーガー、逆に高いからグルメバーガーでは決してありません。要は作り手の“丁寧な仕事”がどれだけ詰まっているかが重要です。

 香ばしいバンズ(パン)の中に、肉感たっぷりのパティ(ハンバーグ)、とろけ出すチーズ、鮮度たっぷりの野菜と、一つひとつのパーツが見事なハーモニーを生み出すハンバーガーこそがグルメバーガーの名に相応しいのです。

 そういう意味では、『コーラが合うか、ビールが合うか』で違いを見極めることができるかもしれません。マックのハンバーガーはコーラがベストマッチなのでファストフードの域を出ませんが、個人店でもこだわりの食材で絶妙なバランスが取れているハンバーガーにはクラフトビールがよく合います」(白根氏)

 では、カールスジュニアのハンバーガーはどちらに分類されるのか――。ちなみに同店ではビールも提供している。

「それぞれの素材にこだわって作り込んでいるので、ファストフードバーガーの最高峰といえるかもしれませんが、日本人が好む味付けや全体のハーモニーという点では改善の余地もあると思います。いまのところビールよりもややコーラのほうが合う印象です」(前出・白根氏)

 今後、カールスジュニアは日本独自のメニューを開発したり、アメリカ仕込みのオペレーションを変えたりしながら、10年間に150店舗の出店を目指すという。ウェンディーズやバーガーキング、最近ではシェイクシャックなどの“黒船チェーン”も入り乱れる中、どこまで日本のバーガー業界の“空白地帯”を埋めることができるか。