ギズモード・ジャパンより転載:多機能じゃなくていい、ほんとわかりやすいのが一番。

写真を撮ろうとしたら「空き容量が足りません」、と言われて焦っていらない写真を消す...焦っているので普段は発揮しない決断力で必要な写真まで消してしまう...こんな経験、誰にでもあるんじゃないでしょうか。

もちろん、DropboxやiCloudを使いこなしている人からすると「まだそんなことしてる人いるの?」な話かもしれません。しかし私のように、よいアプリやサービスがあるのは知ってても使わない怠け者はいつまでも写真を焦って消す作業を繰り返しているわけです。

「Icecream」はそんな私に神様が差しのべてくれた最後の救いの手なのかもしれません。iOS向けアプリであるIcecreamは保存している写真を消すことなく写真何千枚分もの容量を生み出してくれるんです。

なぜそんなことが可能か? もちろん、クラウドなわけですね。Icecreamは、iPhone上に保存されている画像を圧縮した状態で保管し、解像度フルのバージョンをクラウドに送ってくれるアプリ。なんと無料です。フルサイズの画像が必要であれば、そのときにダウンロードすればいいというわけです。

DropboxやiCloudとやってることはたいして変わらないわけですが、このアプリは「容量が足りません」と言われる状況をとにかく避けることに特化してる点に個性があります。私の母親のiPhoneにはアプリや音楽はほとんど入っておらずひたすら写真とビデオで容量を使っていますが、こんなシンプルなアプリは彼女みたいなユーザーにぴったりです。

アカウントタブを開いて残り容量がどれだけあるかをチェックし、必要に応じてそれを増やせると。他にもソーシャルメディア関連の細かい機能はあるようですが、そちらは特筆すべきものでもなさそうです。


ギズモード・ジャパンの注目記事:
・ニコン「COOLPIX P900」の超々ズーム力を視力に換算すると...どうなる?
・ニコンプレミアムコンパクト「DL」シリーズを独占ハンズオン。CP+開催前のブースからお届け!
・ハイレゾで録るから改善点が見えてくる。これがバンド上達の秘密兵器


source: The Next Web

David Nield - Gizmodo Fieldguide[原文]
(塚本 紺)