3日、韓国の尹炳世外相が国連人権理事会の演説で慰安婦問題に言及しなかったことが韓国で物議を呼んでいる。資料写真。

写真拡大

2016年3月3日、韓国・国際新聞によると、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が2日(現地時間)にスイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会の演説で慰安婦問題に言及しなかったことが、韓国で物議を呼んでいる。

尹外相は演説で、北朝鮮を「人権の死角地帯」などと批判したが、日本軍慰安婦問題には触れなかった。

日韓は慰安婦問題をめぐる昨年末の合意で『国際社会で互いに非難や批判を控える』と表明したが、韓国では尹外相が演説で同問題自体を取り上げないとの見方は少なく、国際社会に合意内容を説明し、日本側に誠実な履行を求めるとの見方が主流だった。そのため、「とても消極的な態度だ」と懸念する声が相次いでいる。韓国メディアも「日韓合意の再協議を要求する声は多い。今後、日韓合意に対する批判はさらに高まるだろう」と指摘している。

尹外相は2014年3月に行われた国連人権理事会の演説では、「(慰安婦問題に対する安倍政権の姿勢は)被害者の名誉と尊厳を再び踏みにじるもの。歴史的真実を無視した反人道的、反倫理的な仕打ち」と厳しく批判していた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「情けない。一体どこの国の政府?」
「朴大統領と一緒に日本に移住してほしい」

「安倍首相は強制連行を否定しているのに、韓国政府はもう終わった問題と認識しているようだ」
「なぜ一言も言わない?それだからといって日本が反省し、歴史否定をやめるとは思えない。韓国政府も信じられないが、日本政府はもっと信じられない」

「日韓合意を忠実に守っているようだね。尹外相はいつも日本国民の味方」
「韓国国民はこれ以上、歴史問題や領土問題を黙って見ていてはいけない。立ち上がる時だ!このままでは独島(竹島の韓国名)が日本のものになってしまう」

「合意したのに、国連の演説で慰安婦問題に言及したら、『韓国は信用できない国』との印象を世界に与えてしまう」
「今は慰安婦問題より北朝鮮の核問題の方が重要」(翻訳・編集/堂本)