3日、一獲千金を夢見て宝くじを買う人が多いと思うが、中国で会社のお金を横領して宝くじを買う者が現れ話題となった。資料写真。

写真拡大

2016年3月3日、一獲千金を夢見て宝くじを買う人が多いと思うが、中国で会社のお金を横領して宝くじを買う者が現れ話題となった。華商報が伝えた。

陝西省楡林市神木県にある会社の経理部門に所属していた男は、2015年5月に会社の資金を16度にわたり横領しネットで宝くじを購入。横領額は102万元(約1800万円)に達した。横領が会社に知られると、男は半分ほど返還し残りを後日返還するとして書面にしたためた。ところが返還期日になってもお金が返されることはなく男とも連絡がつかなくなった。

通報を受け調査を開始した警察は、今年1月下旬に楡林市の列車駅で男の身柄を拘束し2月27日に横領の罪で逮捕した。男は供述で、「一獲千金を夢見て会社のお金で宝くじを買っていた。当選した時に穴埋めしようとした」と語っていたが、男が大当たりすることはなかった。(翻訳・編集/内山)