ほろ苦さもアクセントに! オレオのアレンジレシピ

写真拡大

ココアクッキーでクリームをサンドしたオレオ。2016年9月から国内での製造元が変わると言うことで、ニュースにもなりました。そのまま食べても美味しいオレオですが、アレンジして見た目も楽しみましょう!

●オレオポップキャンディー

オレオを使ったポップキャンディー風のスイーツ。パーティーや子どもの集まる場に最適!

材料(4〜6人分)は、オレオクッキー(1袋)、コーティングチョコレート(30g)、コーティングホワイトチョコレート(30g)、スティック(18本)、フルーツグラノーラ(10g)、マシュマロ(小サイズ8〜10個)、チョコチップ(2種)、フリーズドライイチゴ(5g)、ドライエディブルフラワー(3枚)、チョコペン(1本)。

1)オレオの片側のクッキーを外し、クリームがついている方にスティックを差し込み、外したクッキーを元に戻します。

2)コーティングチョコレートを湯せんにかけ、スプーンでオレオの表面にかけ、余分なチョコレートを落とします。

3)チョコレートが乾く前に、グラノーラ、マシュマロ、チョコチップで好きなようにデコレーションをします。

4)チョコレートが固まるまでクッキングシートの上に置き、固まったら透明の袋などをかぶせ、リボンなどでラッピングをすれば完成!

●マシュマロオレオ

ほろ苦いオレオを甘いマシュマロと混ぜた、コーヒーや紅茶にぴったりのスイーツレシピです。

材料は、マシュマロ(30g)、オレオ(3個)。

1)厚手の袋にオレオを入れて、タオルにはさんで麺棒でオレオを砕きます。

2)耐熱容器にマシュマロを入れてレンジで30〜60秒加熱し、マシュマロが膨らんだら、砕いたオレオを混ぜます。

3)ひと口大にまとめ、クッキングシートの上に並べて冷まします。

4)しっかり冷えて固まったらできあがりです。

●オレオとバナナのカップケーキ

材料(8個分)は、卵黄(3個分)、グラニュー糖(20gとメレンゲ用40g)、水(80ml)、湯せん用のお湯(適量)、バニラオイル(小さじ1/2)、ホットケーキミックス(70g)、バナナ(1本)、オレオ(5枚とトッピング用8枚)、卵白(3個分)。

1)卵白と卵黄を分ける。卵白は冷凍庫か冷蔵庫で冷やしておく。

2)フライパンに湯せん用のお湯を沸かす。

3)オレオ5枚を袋に入れて砕き、バナナは粗目のみじん切りにしておく。

4)ボウルに卵黄と20gのグラニュー糖を入れ、湯せんにかける。

5)泡だて器で混ぜながら、少し熱いと感じるくらいになったら、湯せんから外し、ハンドミキサーで泡立てる。

6)約4分ほどで白くもったりしてくるので、その後さらに1分ほど、パワーを弱にしてなじませながら混ぜる。

7)ハンドミキサーから泡だて器に替え、水とバニラオイルを加えて混ぜたら、置いておく。

8)冷やしていた卵白をハンドミキサーで泡立てる。途中、40gのグラニュー糖を数回に分けて加える。

9)メレンゲがきめ細かくなったら、メレンゲは完成です。

10)オーブンを160度に余熱する。

11)置いておいた卵黄のボウルにホットケーキミックスを入れ、素早く混ぜる。

12)メレンゲの1/3を卵黄のボウルに加え、混ぜる。

13)卵黄のボウルの中身を、メレンゲのボウルに入れる。

14)砕いたオレオとバナナを加え、メレンゲを潰さないように優しく混ぜる。

15)マフィンカップの6分目まで流しいれ、トッピング用のオレオを刺して、40分ほど焼いたら完成!

トッピングのオレオは半分に割っておくと、食べやすくなります。少し手間はかかりますが、メレンゲのおかげで、しっとりした口どけのよいカップケーキに仕上がりますよ。

ちょっと苦みの強いオレオも、アレンジすることで小さな子どもも大喜びのスイーツに早変わりします。ティータイムやパーティー、ちょっとしたプレゼントなど、ひと手間加えたオレオで彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

(文・姉崎マリオ/考務店)