映画にはいろいろなジャンルがありますが、自転車をテーマにした映画作品も多く存在します。

今回はそんな自転車がテーマのオススメ映画作品を紹介していきます。映画好きな人や、自転車好きの人は必見ですよ。

■ヤング・ゼネレーション

日本では1980年に公開されたアメリカの映画。イタリアかぶれの主人公デイブが自転車レースに熱中する物語。大学に行けず、大学生を羨ましく思いつつ、人生の目標を模索する青春映画です。

映画内では自転車のシーンが本当によく登場します。レース風景も映画内に登場する、まさに自転車映画です。非常に好評を得ている映画でもあり、見てみる価値はありですよ。

■茄子 アンダルシアの夏

2003年に公開されたアニメ映画。声優は、大泉洋さん・筧利夫さんなど豪華俳優陣がつとめています。自転車ロードレースの話でもあり、主人公ペペはプロのロードレーサー…ですが、エースではなくサポートメンバーの立場にあります。

日常生活で使う自転車と違い、プロのロードレーサー視点というのも、なかなか知りえない世界であるため魅力的な作品。こちらはアニメ作品、自転車映画として高評価を得ている作品です。

■メッセンジャー

1999年に公開された日本映画。出演は飯島直子さん・草剛さんなど、豪華キャストも見所です。飯島さん演じる主人公がひょんなことから、自転車便(メッセンジャー)の仕事に就くことに。

自転車の楽しさや仕事のやりがいを感じていきます。ラブコメディ要素も含まれているため、いろいろな楽しみかたができますよ。

■プレミアムラッシュ

2012年にアメリカで公開されたアメリカ映画。日本では劇場未公開ですが、DVDなどが発売されているため、そちらで見ることが可能です。こちらも先ほど同様メッセンジャーの話となります。

メッセンジャーとして働いている主人公のワイリーが、とある1通の封筒から事件に巻き込まれてしまう物語。自転車アクションもあり、さすがアメリカ映画といったアクション映画作品です。

■南風

2014年に公開された日本と台湾の合作映画。主人公の風間愛子が取材で台湾を訪れ、ガイドをしてくれることになったモデルを目指す現地の女子高生と、サイクリングをしながら交流を深めていく物語。台湾の名所も随時登場し、観光気分にもなれる映画作品です。

どの作品も、見た後に自転車に乗ってしまいたくなるような映画ばかりです。

(鈴木 唯)

自転車がテーマのオススメ映画5選(http://clicccar.com/2016/03/03/356632/)