ポルシェジャパン株式会社は、ジュネーブモーターショーで世界初公開されたばかりの「911R(世界限定991台)」の予約受注を3月2日から開始したと発表しました。

 P16_0174_a5_rgb

今回販売される「911R」は、1967年にホモロゲーションモデルとしてデビューした初代911Rの伝統を受け継いだモデル。

RacingのRを冠する「911R」は、「911GT3 RS」に搭載される4.0L水平対向6気筒エンジン(500 PS / 460 Nm)を踏襲しつつ、組み合わされる6速マニュアルトランスミッションは軽量化とショートストローク化。

P16_0171_a5_rgb

そのほかにも、標準装備となっているリアアクスルステアは、911 R向けに特別なチューニングを実施。

さらに、ボンネットとフェンダー部分にはカーボン、ルーフにはマグネシウム、リアウインドウとリアサイドウインドウは軽量プラスチック製と軽量な素材を用いた上で、インテリアのインシュレーターの削減やリアのベンチシートを排除したりすることでさらなる軽量化が図られ、車両重量は「911GT3 RS」よりもさらに50kg軽い1370kgを実現。ちなみにエアコンはオプションです。

その結果、0-100 km/h は3.8秒、最高速は323km/hを達成しています。価格は2629万円で、ステアリングは右ハンドルと左ハンドルが用意されています。

(今 総一郎)

世界限定991台の特別なポルシェ911、「911 R」の予約受注を開始(http://clicccar.com/2016/03/03/357953/)