ウズベキスタン遠征中のU-16日本代表は2日、『中央アジア・日本U-16サッカー交流大会』でU-16トルクメニスタン代表と対戦し、1-0で勝利した。初戦でU-16イラン代表と0-0で引き分けており、4日のU-16ウズベキスタン代表戦で勝利すれば優勝となる。

 日本サッカー協会(JFA)によると、前半42分にDF桑原海人の左クロスからFW中村敬斗が身体をねじ込み、先制点を挙げる。終了間際には相手が退場者を出すなど、荒れた展開になりながらも、1-0で逃げ切った日本が完封勝利を果たした。

出場メンバーは以下のとおり

■先発

▽GK

大内一生

(HT→青木心)

▽DF

菅原由勢

監物拓歩

狩野奏人

桑原海人

(75分→小林友希)

▽MF

粟野健翔

(HT→瀬古歩夢)

平川怜

上月壮一郎

(67分→福岡慎平)

鈴木冬一

(60分→久保建英)

▽FW

山田寛人

(67分→宮代大聖)

中村敬斗