矢口真里は3月3日(2016年)、かつて活動していた「ミニモニ。」時代を思い出して懐かしさのあまり泣きそうになったという。この日はひな祭り。矢口はブログに「朝からふと思い出して、『ミニモニ。ひなまつり』のMV見たら、懐かしくて泣きそうになった 朝から私何してんだろう・・・って思ったよね」とつづっている。続けてもう1曲。「関連で、バカ殿様とコラボさせていただいた『ミニモニ。アイ〜ン!ダンスの唄』も見ちゃったよね 今までの楽曲で一番体力を使う一曲だったなぁ」。いささか寂しそうだが「皆さんも是非、見てみてくださいね さっ!洗濯干そうっと」と気を取り直した。