代表デビューの東アジアカップでインパクトを残した武藤(18番)。今合宿でハリルホジッチ監督にアピールし、代表定着といきたいところだ。(写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカー協会は3日、7〜9日に合宿を行なう日本代表候補メンバー26人を発表した。
 
 今合宿は国内組が対象で、最多選出は浦和の6人。過密日程を戦うACL組(広島、G大阪、浦和、FC東京)からは、計15人が選ばれた。
 
 宇佐美や槙野ら常連組がリストに名を連ねる一方、浦和の武藤は昨年8月の東アジアカップ以来、鹿島の柴崎は昨年10月の中東遠征以来の招集となった。また、川崎の車屋が初招集され、怪我で離脱しているG大阪の丹羽大輝は外れている。

 代表チームは週末のJ1・2節終了後に集合し、千葉県内で合宿を行なう。メンバーは以下のとおり。
 
【GK】
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和)
六反勇治(仙台)
林彰洋(鳥栖)
 
【DF】
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
米倉恒貴(G大阪)
藤春廣輝(G大阪)
塩谷 司(広島)
丸山祐市(FC東京)
車屋紳太郎(川崎)
昌子 源(鹿島)
植田直通(鹿島)
 
【MF】
柏木陽介(浦和)
遠藤 康(鹿島)
武藤雄樹(浦和)
米本拓司(FC東京)
柴崎 岳(鹿島)
遠藤 航(浦和)
 
【FW】
興梠慎三(浦和)
小林 悠(川崎)
金崎夢生(鹿島)
永井謙佑(名古屋)
齋藤 学(横浜)
宇佐美貴史(G大阪)
浅野拓磨(広島)