3月9日の日食の見え方

写真拡大 (全3枚)

 いよいよ来週3月9日に迫った「皆既日食」。東南アジアの一部で観察できるが、残念ながら日本では「部分日食」となる。そこで、ウェザーニューズでは、日本時間3月9日8時よりライブ番組『SOLiVE24』で、インドネシアから生中継を行うという。

 国立天文台によると、インドネシア(ブリトゥン島タンジュンパンダン)では日本時間9日9時23〜25分頃に皆既日食が観察可能とのこと。これにあわせ、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」、ウェザーニュースの特設サイト「皆既・部分日食2016」、テレビ(BS 910Ch)、YouTube、ニコニコ生放送などで『SOLiVE24』を配信する。

 なお日本の部分日食の観測だが、9日は全国的に雲が広がりやすい天気。東京では9日10時12分〜12時5分にかけて観察可能だが、やや厳しめだ。北日本と西日本の日本海側は天気がよく、比較的良条件。特に、北海道の太平洋側では晴れて観察チャンスに恵まれるようだ。

■関連リンク
皆既・部分日食2016 - ウェザーニュース