画像

写真拡大 (全3枚)

 Roadieが提供する「写真で一言ボケて(bokete)」がファイブと提携。アプリのトップ面に掲載される「ボケてプレミアム動画広告」の販売を開始した。また、同アプリに投稿されるボケの数が累計4000万ボケを突破した。

 Roadieが提供する「写真で一言ボケて(bokete)」はファイブと提携し、アプリのトップ面に掲載される「ボケてプレミアム動画広告」の販売を開始した。同広告枠は3月3日より掲載を開始し、既に映画や大手ゲームパブリッシャーの出稿が決定している。

 「ボケてプレミアム動画広告」はアプリ起動時、ファーストビューのトップに表示される動画広告枠。ユーザーがリラックスして利用するボケて(bokete)を動画広告媒体として活用することで、ブランドの認知と好印象のつながり促進が期待できる。

 boketeアプリは累計480万ダウンロードを突破し、月間2億PV(アプリ、WEB合計)。月間利用者のうち90%が毎日利用し、毎月100万ボケが生み出されている。また、3月3日には、累計4000万ボケを突破したことが発表されている。なお、同アプリはユーザーの80%が男性で、20〜30代が70%を占める。そのため、テレビなどのマスメディアではリーチが難しい、成人男性層にアプローチすることが可能となる。

MarkeZine編集部[著]