中学3年のマンガ家・ときわ藍『アイドル急行』でデビュー いとこのAKB48木ゆりあも応援

写真拡大

3月3日発売の少女マンガ誌・ちゃお4月号で、「第77回小学館新人コミック大賞」少女・女性部門の大賞を受賞した現役中学生マンガ家のときわ藍さんが、受賞作の『アイドル急行』でデビューしたそうです。

【関連:少女漫画誌『ちゃお』の付録が攻めすぎと話題】

少女マンガ誌『ちゃお』4月号

若すぎる受賞者としては中学1年生の時応募した作品が2005年の第4回「『このミステリーがすごい!』大賞」の特別奨励賞を受賞した水田美意子さんや、2005年に15歳で第6回「小学館文庫小説賞」を受賞した河崎愛美さんが話題になりました。

ときわさんは現在中学3年生。『ドラえもん』『キテレツ大百科』などの藤子・F・不二雄さんに憧れてマンガ家を目指していたそうです。現役中学生とは思えないほど力量がある受賞者として注目され、ときわさんのいとこでAKB48のメンバーである木ゆりあさんが自身のTwitterでときわさんのデビューを報告したことも大きな話題になりました。

『アイドル急行』がアイドルの奮闘ものであるのは、どうやら身近にいるリアルアイドルの影響が大きく反映されているみたいですね。
選考委員たちから絶賛された『アイドル急行』、ぜひ読んでみてください!