2日、欧州連合はギリシャに滞留する難民を支援するため、ギリシャに緊急支援を拠出する計画であることを明らかにした。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月2日、AFP通信によると、欧州連合(EU)は同日、ギリシャに滞留する難民を支援するため、ギリシャに緊急支援を拠出する計画であることを明らかにした。

ギリシャは、EUに対して、同国に滞留している難民ら約10万人分の収容場所などを確保するため、4億8000万ユーロ(約590億円)の緊急支援を要請した。EU側はギリシャの要請に応じる見通しだ。難民をめぐっては、バルカン諸国が移民や難民の入国の制限を強化しており、約7000人がギリシャとマケドニアの国境付近で足止めされている。先月29日には、足止めされた難民らが国境を突破しようとしたため、当局が催涙弾などで応戦するなど、混乱が続いている。ギリシャは、国内に滞留している難民に対応するために、警察や消防隊員、医療スタッフ、通訳など約8200人の人員も必要であると述べている。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「EUよ、すべての扉を閉じるべきだ!ヨーロッパの国々が扉を閉めれば、難民たちは自分たちで立ち去るだろう」

「ギリシャはそのお金で弾丸を買った方がいいと思う」

「国連は価値のないくずだ」

「ギリシャはいつも、経済の責任を海外からやって来た人々になすりつけている」

「とても悪いことがギリシャで起きようとしている」

「私はグリーンランドに移住しようかと思っている」

「EUは、まるで紙吹雪のようにお金をばらまいているが、成果を得られていない」(翻訳・編集/蘆田)