男性よりも女性、夏よりも冬のほうがクサい!(shutterstock.com)

写真拡大

 朝の肌寒さに思わず昨日と同じブーツを選んで御出勤。ところが日中は春本番の陽気となって足元が妙に蒸れ、指間にも汗をかく。これでは食事の誘いを受けても「足臭」が心配でNGだ......なんて顛末が他人事ではないこの季節、かなり強烈な悪臭談を紹介しよう。

 愛くるしいいじられキャラぶりが人気のタレント、おのののかさん(24)。水着グラビアで魅せるスリーサイズ83-59-85の美体ぶりも健在だが、そんなおのさんがデビュー当初からの2年余り、足の激臭に思い悩んでいたという秘話が衝撃を呼んでいる。

美しすぎる売り子のクサい靴の中身

 おのさんが自らの足の臭いを「生ゴミ臭」と譬えて、人知れず暗澹としていた過去を明かしたのはNHK朝の情報番組『あさイチ』の中でのこと。当日の特集は「女のホケン室 足の悩み」だったが、彼女の足臭談は聴けば聴くほど納得のゆく"現場性"に満ちていた。

 デビュー当時のおのさんがタレント活動の傍ら、東京ドーム内でビールの売り子バイトをしていたのは有名な話。1日3時間の歩合勝負で400杯もの売り上げを誇り、「可愛すぎる売り子」ぶりがその知名度アップに繋がった。

 短時間の歩合勝負でタンクが空けば、ピットインよろしく敏速に補充して再び客席へ。客を見つければドーム内の階段を上り下りの繰り返し。タンクの重さと靴中の蒸れ、落ちる化粧に吹き出す汗と溢れるビールの飛沫、売れっ子ならば不快指数はより高まるだろう。

 おのさんは週3日前後の勤務だったらしいが、まさに灯台下暗し、超人気売り子の足元が徐々に臭ってきて......。「自分の汗とビール(臭)が混ざって、とにかく3時間もずっと歩きっぱなしで、換気もできませんから」とは、おのさんの述懐だ。もちろん仕事靴を放置していたわけではないが、「洗っても取れないぐらい、臭いがこびりついていましたね」と頬を染めて苦笑した。

 その「生ゴミ臭」がどれほど強烈なものだったのかは、生足の隅々にまで染みわたった臭いが完全に消え去るまでに、およそ2年の歳月を要したという、笑えない逸話が物語っていた。
男性よりも女性、夏場よりも冬場のほうが「クサい」!

 とはいえ、球場内の売り子といえば春から秋までの季節労働だし、足元もスニーカーが一般的だろう。むしろ問題にしたいのは、春一番以降のこの時期もまだ諦めきれずに履いている女性陣を見かけるブーツ内の、あの拭い難い悪臭のほうである。

 直ヌリ制汗デオドラント『デオナチュレ』がヒット中のシービック社が2014年に行なった調査『自分の足がクサいと感じたことはある?』の結果、オジさん層よりもむしろ20〜30代女性の9割が「(じぶんを)クサい」と意識している事実が判明したという。

 また、朝と夕方の足のニオイ菌を男女別で比較したところ、夕方の男性陣(革靴&靴下)が4倍であるのに対し、女性陣(ブーツ&ストッキング)は約23倍にも菌が増殖!! つまり女性のほうが5.8倍も臭かったというからブーツ&ストッキングのペアは恐るべし......。

 昨年10月には追い打ちをかけるような意外性が、多くの靴屋さんが所属する足育研究会(代表・高山かおる皮膚科医)と同社が共同で行なった調査結果でも明らかにされた。
 
 靴屋さんのスタッフ勢を対象に質問したところ、「夏よりも冬の暖房で暖められた足のほうが臭いと感じる」という回答が約7割だったのだ。どんな仕事よりも客の足元と身近に接する方々が夏場よりも冬場の劣悪臭を指摘したのだから要注意だ。

 折しも今冬はロングブーツが人気となり、より密閉性の高いニーハイ系が何年かぶりで復活の様相を見せた。が、足元の可愛さ優先で厳選したお洒落ブーツも(履いている当人も)、蔭で鼻つまみ者扱いされていたら美人も台無しだ。さて、防臭対策は万全だろうか?
(文=編集部)