先日、今冬にコンビニで見つけた激辛商品をレビューする記事を書いた。

冬のコンビニ激辛勝負。この冬いちばん辛かった味は?

ところが、この原稿をエキレビ編集長に送った直後、コンビニに寄ったら、さらなる激辛新商品を発見してしまった。乗りかかった船である。あるとわかっていてスルーするわけにもいかないので、追加記事を書かせていただくことにした。

あらためて、ルールは以下。

「ピリ辛」などの辛みをアクセント的に利用している商品や、激辛レトルトカレー「LEE」(グリコ)のような定番は除いている。

辛さレベルは、★…1点、☆…0.5点で、5点満点とした。点数をつけている私の激辛センサーは、練馬の「麺処 井の庄」の激辛ラーメンをカップ化した「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(寿がきや)を★5、もっともノーマルなカラムーチョ「スティックカラムーチョ ホットチリ味」(コイケヤ)を★1と感じるレベルである。なお、これはコンビニ商品限定の基準であり、店舗で提供される激辛料理はこの限りではない。

激辛カップ麺 新作いろいろ


タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン(エースコック)


昨年書いた記事「2015夏のコンビニ激辛フード決定戦、この夏いちばん辛かった味は?」でも取り上げた、エースコック「EDGE」シリーズの新作である。同社のウェブサイトに上がっているプレスリリースを読むと、

激辛メニューやメガ盛フード、ありえない組み合わせの食品が注目を集めています。また、SNS での情報発信を目的にそれらを購入する「ネタ消費」も話題になっています。 そのような消費行動に注目し、消費者の「驚きニーズ」を満たす商品を開発し、市場の活性化を図ります。

とある。企業が正直に「ネタ消費を狙っています」と書くのもなんだ凄いが、そうですか、わかりました、乗っかりましょう。

まず目を引くのが、トラ柄に「シゲキ足りてるっちゃ?」というキャッチフレーズ。これは、今回の激辛カップラーメンが『うる星やつら』とのコラボ商品だから。「なぜ今この作品と?」という疑問はプレスリリースを読んでもわからないが、「鬼族ラムちゃんの電撃をイメージし」たとのことである。

辛さの元となるのは、付属の激辛スパイス&激辛調味油。ザラっとした真っ赤な粉末(激辛スパイス)がすごく辛そうだ。

食べると、唐辛子の辛さももちろんあるのだが、どちらかと言えば、山椒のもたらす痺れの方が強く出ている印象。というか、食べれば食べるほど口中が痺れに占領されていくので、唐辛子の辛さはあまり記憶に残らない。また、後入れの激辛スパイスのためか、スープはややとろっとしていて、この粘度の高さが痺れを増幅させているように感じられた。

ただ、好みもあるが、痺れ・辛さのインパクトに対して、味がやや負けているという印象も。強烈な刺激と味のバランスを取るのはなかなか大変だ。シリーズ次作に期待。 辛★★★ 痺★★★☆ →総合すると印象は★★★★

日清のとんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味(日清食品)


前回の記事 でも取り上げた、日清の「とんがらし麺」シリーズの新作。TOKYO FMのラジオ番組「Skyrocket Company」とのコラボ企画とのこと。ウェブサイトの情報によれば、"ワールドワイドなとんがらし麺" というテーマのもと、メニューのアイデアを募集した中で、最もリクエストが多かったのが「麻婆豆腐」だったそうな。

添付の「超絶激辛オイル」の封を切ると、鮮やかな赤みがかったオレンジ色の液体がぽたり。真っ赤なラー油系のオイルよりもむしろ凶暴そうに見える。毒を持った蛙にこんな色のがいたな、確か。

麻婆豆腐味とのことだが、いわゆる四川風というには痺れ感は少なめ。少し前に出た同シリーズの「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛ジャークチキン味」 前回の記事 で紹介済み)に比べると、辛味も若干マイルドである。実際、カップの側面を見ると、激辛ジャークチキン味のスコビル値(辛さを表す単位)は886なのに対して、激辛麻婆豆腐味は821とやや低い。

面白かったのは、激辛ジャークチキン味は辛さと味の濃さのためか、麺に練りこまれた唐辛子の味がよくわからなかったが、この激辛麻婆豆腐味の場合はそれがちゃんとわかること。バランスや塩梅というものについて考えさせられる商品であった。 ★★★☆

スーパーカップ1.5倍 極辛ブタキムラーメンRED(エースコック)


豚キムチカップ麺のパイオニアといえば、スーパーカップの「豚キムチラーメン」だろう。そんな定番商品の激辛姉妹品がこれ。

蓋に大きく書かれた「極辛」「ハバネロ使用」の文字が頼もしい。添付のオイルは真っ赤なラー油系だが、袋にはシンプルに「調味油」とだけ書かれていて、辛さへの注意喚起の文などは見当たらない。

味は、同社のベストセラー商品「豚キムチラーメン」のそれであると思われる(しばらく食べていないので、明言はできないが)。そのスタンダードな味に、きっちり辛さを盛ってきているのがわかる。しかし、そこまでは辛くない。

……が、このラーメン、妙にむせるのだ。油断していると、麺をすすってケホッ、スープを飲んでケホッ。舌よりも喉にくる辛さだ。言うまでもなく、これも辛さの一つの主張の在り方であり、「むせる系」という分野において本商品は、なかなかの手練れと言えるだろう。 ★★★☆

祝! 「ペヤング 激辛カレーやきそば」復活


ここに来て、激辛カップ麺のリリースラッシュである。こうなるともう、必ずしも「激辛=夏」とも言い切れなくなってくる。体を温めるために辛い鍋を食べたりもするので、冬に辛い食べ物の需要がないわけではないが、それにしても多い。もちろん、辛党にとってはたいへん喜ばしいことなのだが。

そうそう、「激辛新商品」の範疇からは外れるが、先日、2012年に発売された「ペヤング 激辛カレーやきそば」(まるか食品)が復活した。


わずかに黄味がかった「辛いとか以前に、これちゃんと味するの?」と言いたくなるような薄めのルックスに油断していると、強烈な辛さが不意打ちを食らわせてくる(見た目とのギャップが、より辛く感じさせるというのもあるかもしれない)。スープの熱さなどの助力なしに、この辛さを出せるのは本当にスゴイと思う。

まるか食品さんは、この「激辛カレーやきそば」でも、あるいは普通の「激辛やきそば」でも構わないので、定番化してくれないものだろうか(個人的には、普通の「激辛やきそば」を定番にしてほしい。それにカレーパウダーを振れば、カレー味にもできそうだし)。なんなら「ソースやきそば」みたいに超大盛バージョンを作ってくださってもいっこうに構わない。まあ、一部のもの好きしか喜ばないかもしれないけれども。
(辻本力)