『“青の時代”名曲ドラマシリーズ 荒井由実「ひこうき雲」』より

写真拡大

ドラマ『“青の時代”名曲ドラマシリーズ 荒井由実「ひこうき雲」』が、3月24日にNHK BSプレミアムで放送される。

【もっと画像を見る(3枚)】

同作は、1973年に当時19歳だった松任谷由実が荒井由実名義で発表した曲“ひこうき雲”と共に生きた、2人の女性の青春を描いたドラマ。女性の生き方が転機を迎えつつあった1980年代後半を舞台に、出版社への就職を目指す大学生・山田円子と洗練された女性・結城真央が織り成す物語を、“ひこうき雲”にまつわる2人のエピソードも交えながら描く。

松任谷由実の曲に描かれたライフスタイルに憧れる円子役を広瀬アリス、円子が憧れを抱く同級生の真央役と、真央の娘・千鶴役を三吉彩花が演じる。また真央の恋人役に間宮祥太朗、フリーライターとして生活する30年後の円子役に賀来千香子がキャスティングされている。