花びらが舞う「桜モヒート」(1960円)

写真拡大

ザ・キャピトルホテル東急では、3月1日(火)から4月30日(土)まで、ザ・キャピトルバーにて「桜カクテルフェア」を開催する。

【写真を見る】上品な味わいの「ルージュ ロワイヤル」(2160円)

ザ・キャピトルバーは、メインロビーから専用階段を上がる場所にある、ロビー吹き抜けに面したハイカウンターと、庭園の緑と赤坂の街並みを望むラウンジの2つの表情を持つ都会の隠れ家。 重厚で落ち着いた雰囲気の中で、一日の緊張を解きほぐし、ゆったり寛げると、特に大人の男性客に愛されている名門バーだ。桜の開花を間近にしたこのこの季節、ザ・キャピトルバーが桜の浸漬酒ベースのリキュールを使用したカクテル用意する。

提供される特別カクテルは2種。「桜モヒート」は、スタンダードカクテルの中でも人気のモヒートをアレンジし、和のテイストをまとうカクテルに仕上げている。グラスの中に桜の花びらが舞う様子を再現。春の風を感じる爽やかな口当たりの一杯だ。

「ルージュ ロワイヤル」は、桜餅や蓬餅の香りに似ていると言われるズブロッカ(ウォッカ)を使用し、桜の香りを引き立たせている。シャンパンを掛け合わせることで広がる、上品な味わいが身上だ。

かつて食通北大路魯山人が主宰した「星岡茶寮」の場所に建つ、都心の美味の殿堂で、春爛漫の一杯をゆったりと味わいたい。【東京ウォーカー】