1日、澎湃新聞によると、先日、上海地下鉄の車内で物乞いをしていた子ども連れの夫婦と、その様子を撮影していた女性が口論となった。

写真拡大

2016年3月1日、澎湃新聞によると、先日、上海地下鉄の車内で物乞いをしていた子ども連れの夫婦と、その様子を撮影していた女性が口論となった。

ネットユーザーが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)にアップロードした動画には、上海地下鉄2号線の車内で起きた騒動が映っている。子どもを連れた夫婦が物乞いをしている様子を、座席に座っていた白い服の女性が携帯電話のカメラで撮影していたことから、口論に発展した。

女性:「ここは公共の場所。私には撮影する権利があるのよ」
夫:「何の権利があるんだ!」
女性:「どうして権利がないのよ。ここは物乞いは禁止よ!出て行きなさい」
夫:「そんなことは警察が言うことだ。あんたが言っても意味はない。おれたちは正真正銘のこじきだ!」
女性:「正真正銘のこじき?手も足も付いてるのに、なんで物乞いなんてしてるのよ!」

この動画に、中国のネットユーザーからは「このおばちゃん(女性)の言う通り!いいね!」「こういうこじきが最も恥ずかしい。老人や子ども、障害者なら仕方ないが、五体満足で頭もはっきりしてるのになぜ物乞いなんてするんだ?妻と子どもまで連れて」「健康な若者が物乞い?面の皮が厚過ぎ!」など、女性を支持するコメントが大勢を占めている。

中国の地下鉄車内では、物乞いをしたりビラをまいたりする行為は禁止されているが、これらの行為は後を絶たないのが現状だ。(翻訳・編集/北田)