2日、韓国の海兵隊員が部隊側の微温的な対応により聴力を失っていたことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月2日、韓国・YTNによると、韓国の海兵隊員が部隊側の微温的な対応により聴力を失っていたことが分かった。

昨年1月に海兵隊を満期除隊したチェさんは服務中に左耳の聴力を失った。チェさんは訓練で使う弾薬を射撃場まで運んだ後、その場で8時間以上待機するよう指示を受けた。耳栓などの対策をしていなかったチェさんは耳の痛みや目まいなどの症状を訴え、その日の夜に部隊内の病院を訪れたが、「夜間は医師がいない」との理由で治療を受けられなかった。チェさんはすぐに部隊の幹部に症状を話したが、「よくあることだから朝まで待ってみよう」との回答が返ってきた。さらに翌日、チェさんを心配した同僚らが外部治療を要請したが、幹部は「手続きが複雑なため軍人は簡単に病院に行けない」と述べた。チェさんはその後も症状を訴え続け、ようやく近隣の病院に行くことができたが、すでに治療のゴールデンタイムは過ぎており、結局左耳の聴力を失ってしまった。

事件発生から1年がたってようやく、部隊側は被害者からの申告により監察を始めた。しかし、幹部らの供述内容の確認などは行われておらず、懲役処分の可否は不透明だ。

チェさんは現在も耳鳴りや精神的なストレスに悩まされているが、部隊側は「仕方なかった」との立場を示している。海兵隊関係者は「射撃場を訪れた隊員がよく訴える症状で、1日たてば良くなるケースが多いため気付かなかった」と話している。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「本当に腹が立つ。この国が嫌いになりそう」
「これが韓国軍の現実…」
「部下を守れない海兵隊なんていらない」

「なぜすぐに病院に連れて行かない?自分の息子が痛みを訴えても放っておくのか?だから兵役に行きたがらない若者が増えているんだ」
「数年前から韓国軍を信じられなくなった」

「軍が耳栓代を節約したせいで1人の若者が聴力を失った。これが、韓国が『ヘル朝鮮(地獄の韓国)』と呼ばれる理由」
「韓国軍では自分の身は自分で守るしかない」
「『男は兵役に行かなければならない』というのは昔の考え。コネや財力がある家は息子を軍隊に送るな。軍隊に行き、精神的に病んでしまう人は少なくない」(翻訳・編集/堂本)