緊急事態の人間は、ロボットを「盲信」する:研究結果

写真拡大

人は「レスキューロボット」を無条件で信頼し、誤作動を起こして信頼できないとわかったとしても、あるいは明らかにまずい判断をしている場合でも、ロボットについて行くのをやめないという研究結果が発表された。

ジョージア工科大学のチームが行った最新の研究を見る限り、レスキューロボットが助けてくれるとむやみに信じることは得策ではないようだ。

「緊急事態の人間は、ロボットを「盲信」する:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

被験者たちは、「緊急時ガイドロボット」が信頼できないとわかったとしても、ロボットについて行くのをやめなかった。ロボットが故障したと伝えられたにもかかわらず、ロボットを信じ続ける被験者もいた。

研究チームの一員アラン・ワグナーはプレスリリースの中で、「被験者たちは、このロボットシステムは自分より知識があり、決してミスなどしないし、欠陥もないと信じているようです」と分析している。「本当の緊急時であれば、危険にさらされるかもしれない状況でさえ、被験者たちはロボットの案内に従いました」

今回の研究では、42人の被験者が、側面に「緊急時ガイドロボット」とプリントされたロボットについて行くよう指示された。(研究者によって遠隔操作されていた)ロボットは被験者たちを、いろいろな部屋に案内した。「ロボットに関する調査が行われている会議室」に案内することもあった。さらに、間違った部屋に案内すること、故障してしまうこともあった。被験者は研究の目的を伝えられていなかった。

次に、被験者たちは偽の「緊急事態」に陥った。白煙が発生して煙探知機が鳴っている部屋や廊下からどう逃げるかという事態だ。ロボットは、「EXIT」と書いてあってすぐ出られるドアを目指さず、障害物の多い遠いドアを案内した。

事前に信頼できないと判明したロボットは、こうした緊急事態では信頼されない、と研究チームは予想していたが、被験者たちはロボットを信じ続けた。

研究を手伝ったポール・ロビネットは「ロボットがきちんと務めを果たしてきたかどうかにかかわらず、すべての被験者がロボットの案内に従っていました。これは全くの予想外でした」と振り返る。

被験者がこのような反応を見せたのは、ロボットが「権威」になったためかもしれないと、研究チームは説明している。チームは今後も、人間とロボットの信頼関係について研究を続けていきたいと考えている。

関連記事:人間はロボットの「痛み」を理解できる:日本の研究結果

TAG

PsychologyRobotVideoWIRED UK