2日、網易娯楽によると、中国上海を拠点に活動するアイドルグループ・SNH48の唐安[王其]さんが全身に大やけどを負った事故で、意識を回復した後、医師に容姿について尋ねていたことがわかった。写真はSNH48。

写真拡大

2016年3月2日、網易娯楽によると、中国上海を拠点に活動するアイドルグループ・SNH48の唐安[王其](タン・アンチー)さんが全身に大やけどを負った事故で、唐さんが医師に容姿について尋ねていたことがわかった。

唐さんは1日午後7時ごろ、上海市内のカフェを友人と共に訪れた際、ライターの火が引火したことで全身の80%に及ぶやけどを負った。目撃者の証言などによると、唐さんが着ていたダウンジャケットやストッキング、唐さんの頭髪などはすべて焼失してしまったという。現場となったカフェには、消火器は設置されておらず、周囲の人が組んできた水でようやく火を消し止めた。当時、唐さんの意識はまだはっきりしていたという。

唐さんはその後集中治療室に運ばれ、現在も危険な状態が続いている。唐さんは医師に「やけどの跡、残りますか?」と尋ねたといい、医師は安心させるために「そんなことはありませんよ」と答えたという。やけどがひどく、大量の輸血が必要なため、グループの運営会社は従業員らに血液の提供を呼びかけている。また、ファンからも献血の呼びかけが起きている。(翻訳・編集/北田)