画像

写真拡大 (全2枚)

 アイリッジは、NTTドコモ子会社のロケーションバリューとO2O分野での提携を行った。同提携では、ソリューションを強化し顧客基盤も拡大するとともに、NTTドコモグループのO2Oビジネス推進も支援する。

 アイリッジは、NTTドコモ子会社のロケーションバリューと、O2Oアプリ開発・マーケティング分野において、戦略的パートナーとして業務提携を行った。

 昨今、スマートフォンの普及とともに、多様な企業による公式アプリの提供が加速している。中でも、O2O(Online To Offline)と呼ばれる、実店舗を運営する企業が集客を行うためのアプリは位置情報と連動したプッシュ通知などの利用で消費者に直接情報発信できることから、注目が集まっている。

 しかし、ニーズの高まりとともに、幅広い業種、規模の会社でO2Oの取組が拡大。O2Oソリューションに対するニーズが多様化している。そのため両社それぞれの特徴と強みを掛け合わせ、多様化するニーズに応えるのが同提携の狙いだ。

 また同提携では、両社の提供するO2Oソリューションの強化にとどまらず、両社では、NTTドコモグループのO2Oビジネス推進を共同で支援していく。

MarkeZine編集部[著]