タッパーで作る簡単ゴージャスな「ケーキ風デコ寿司」を作ってみよう / ひな祭りにもピッタリ☆

写真拡大

3月3日は女の子のための桃の節句「ひな祭り」です。子どもの頃は、おひなさまを眺めながら食べるご馳走を、楽しみにしていた人も多いのでは? 記者(私)は、白酒がたまらなく好きだった記憶があります。

ちらし寿司はひな祭りに限らず、晴れの日やお祝い事に欠かせないお料理ですが、イチから作るのはかなり大変。レンコンや椎茸などのトラディショナルな具は下ごしらえする必要があるため、切って飾るだけでOKのアボカドやスモークサーモンを使って、現代版のケーキ風デコ寿司を作ってみましょう♪ タッパーを使えば手軽に作れますよ! 

【材料(2人分)】

スモークサーモン……3枚(約80g)
蟹缶……120g(正味)
アボカド……1コ
ラディッシュ……2コ
アサツキ……2〜3本
ゆかりご飯……1/2合(炊いたご飯1/2合に「ゆかり」小さじ2を混ぜたもの)
酢飯……1/2合(炊いたご飯1/2合に「すしのこ」大さじ1/2を混ぜたもの)

【用意するもの】

タッパー(1.5リットル・できれば丸型が好ましい)、ラップ

【作り方】

1. ご飯はアツアツのものでなく、少し冷ましたものを用意。半分を酢飯に、半分をゆかりご飯にします。

2. タッパーにラップを敷いてから酢飯を入れて、しゃもじで平らにします。続いて1cm角に切ったアボカドをぎっしり敷き詰めます。その上からゆかりご飯を重ねるように入れ、スプーンで平らにします。

型崩れを防ぐためにも、一段ごとに重ねていくたびに、スプーンでしっかり縁を押さえていくのがポイントです。

3. ゆかりご飯の上に、汁気を切った蟹缶を敷き詰めたら、ラップをかぶせて手で軽く押さえ、フタをして冷蔵庫で30分ほど休ませます。

4. タッパーからラップごとお寿司を静かに取り出し、ラップを外してお皿にのせます。

5. 薄くスライスしたラディッシュ、縦半分にカットして端からくるくる巻いたバラ状のスモークサーモンでデコレーション。千切りにしたアサツキを飾れば完成。

特に難しい手順なしに、料理上手に見えちゃうタッパーで作るデコ寿司。アボカドとシーフードがベストマッチのおいしさです! 蟹缶やスモークサーモンに塩味が付いているので、切り分けてそのまま食べられますよ。ひな祭りはもちろん、バースデーやホームパーティーにもぜひどうぞ!

調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る