最近になり、「南シナ海でフィリピン船が座礁し、中国の軍艦が近くで操業するフィリピン漁船を現場海域から追い出した」と報道された件について、中国政府・外交部の洪磊報道官は、船主が船を放棄したので「中国が処置をした」と説明した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 最近になり、「南シナ海でフィリピン船が座礁し、中国の軍艦が近くで操業するフィリピン漁船を現場海域から追い出した」とフィリピンで3月になってから報道された件について、中国政府・外交部の洪磊報道官は2日の定例記者会見で、「外国船」が座礁したのは2015年年末だったと説明。船主が船を放棄したので、「中国が処置をした」と説明した。

 洪報道官はまず、「2015年年末、外国漁船1隻が中国・南沙諸島の五方礁付近で座礁した。船主は多数回にわたって船を浮上させようとしたが成功せず、最終的に船を放棄することに決め、主要な部品を持ち去った」と説明。

 中国は、座礁船が長期に渡って現地の航行の安全と海洋環境に影響を与えることを防止するため、中央政府・交通運輸部救助引き上げ局が引き上げ作業船を派遣し、座礁船を問題のない位置まで移動したという。

 作業に際しては、航行の安全と作業のための条件を確保するために、付近にいた漁船に「現場を離れるよう勧告」したという。洪報道官は、中国の作業船はすでに現場海域を離れたと説明した。

 洪報道官は「中国は五方礁を含む南沙諸島と周辺海域の主権を有していることに、論争の余地はない」と強調した。

 同件について、フィリピンのメディアは座礁事故が発生した日時を明らかにしていなかった。また、フィリピン漁船が現場海域から「退去」させられた時期も不明。洪報道官も、具体的に明らかにしなかった。

 フィリピンでは、中国は軍艦や警備船を派遣したと報じられたが、洪報道官は「引き上げ作業船」とだけ述べた。軍艦や警備船が同行したかどうかは不明。

 また、フィリピンでは漁船乗組員が「昔からの行状追い払われた」と述べたと伝えられたが、洪報道官は「現場を離れるよう勧告」と表現した。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:123RF)