メルセデスベンツは2016年1月のデトロイトモーターショーで新型「Eクラス セダン」を発表しましたが、その派生モデル「Eクラス ステーションワゴン」のほぼフルヌード姿をキャッチしました。

今まで隠されていたリアも薄い布一枚になり、ルーフエンドの丸みやリアクォーターウィンドウの新たなアウトラインが確認できます。

次期型には「MRA」アーキテクチャープラットフォームを採用し、軽量化を図っています。また「Bumester3Dサラウンドシステムをオプションで用意、大型ディスプレイも装備しています。

ワールドプレミアは早ければ2016年3月のジュネーブモーターショーになりそうです。

(APOLLO)

メルセデスEクラス次期型、フルヌード姿をキャッチ!(http://clicccar.com/2016/03/03/357981/)