1日、韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車の中国での販売が急減していることについて、中国市場の変化に対応できなかったためとの分析が出ている。写真は現代自動車のエンブレム。

写真拡大

2016年3月1日、韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車の中国での販売が急減していることについて、中国市場の変化に対応できなかったためとの分析が出ている。中国・環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、現代・起亜の1月の中国販売台数は12万4495台で、前年同月に比べ約21.9%減少した。現代が7万5236台で27.2%減、起亜は4万9259台で12.2%減だった。現代・起亜の中国市場シェアは6.1%と、2007年以来8年ぶりに最低水準となった。

業界からは「中国ではエコカーやスポーツタイプ多目的車(SUV)に消費者の目が向けられている。現代・起亜の不振はこうした市場の変化に対応できなかったため」との分析が出ている。

現代・起亜の昨年の中国販売台数は167万台余りで前年から4.9%減少した。前年対比で減少したのは昨年が初めてだ。(翻訳・編集/柳川)