1日、中国で上映中の3DCGアニメ「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」が、原作漫画やアニメのファンだけでなく、高評価を聞きつけた人を巻き込み、じわじわと観客動員数を伸ばしている。

写真拡大

2016年3月1日、中国で上映中の3DCGアニメ「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」が、原作漫画やアニメのファンだけでなく、高評価を聞きつけた人を巻き込み、じわじわと観客動員数を伸ばしている。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

中国でも非常に人気の高い「聖闘士星矢」だが、その劇場公開作第6弾となる3DCGアニメ「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」が2月26日に中国でも封切られた。「聖闘士星矢」の映画が中国で上映されるのはこれが初めてとなる。

映画の公開後、最初の勝負どころとなるのが初めて迎える週末だ。「聖闘士星矢」の場合、最初の週末2日間で興行収入は3000万元(約5億2000万円)を突破する好成績をマーク。公開初日の26日には、全国の総合興行収入のうち14.37%を占め、同じく公開中で、中国映画市場で過去最高のヒット作となった「美人魚」に続き、同日の興行ランキングで2位につけた。

中国で初公開された「聖闘士星矢」映画だけに、子どもの頃から作品に慣れ親しんだ人々が続々と映画館に足を運んでいる。また、ネット上では映画を観た人たちから「とにかく熱い。興奮する」「絶対に一度は観たほうがいい」「聖闘士(セイント)たちが目の前にいるようだ」などといった高評価が多く、これに関心を持った人を巻き込み、興行収入は今後も大きな伸びが期待できそうだという。(翻訳・編集/Mathilda)