1日、仏メディアは中国の在韓大使館の複数の外交官がソウル市内の中国料理店で韓国人女性とみだらな行為に及んだと伝えた。写真は韓国。

写真拡大

2016年3月1日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)は、中国の在韓大使館の複数の外交官が、ソウル市内の中国料理店で、公衆の面前で韓国人女性とみだらな行為に及んだと伝えた。

韓国のテレビ局JTBCによると、問題となったのは中国の在韓大使館の男性外交官3人。2月23日の夜、ソウル市中心部・明洞の中国料理店で、大きな笑い声を上げながら、男性は順番に連れの韓国人女性にキスしたり、胸元やスカートの中に手を入れたりしたという。女性は男性のひざの上に乗り、嬌声を上げていた。その場にはほかの客30人以上がおり、女子高生や小さな子供も含まれていた。不快に感じた客は席を移るなどしたという。

外交官のうち1人は在韓10年以上の領事で、中韓関係の専門家として知られている。女性は韓国の飲料メーカー大手に勤務しているとみられ、この日は中国人相手のイベントに参加していたという。中国大使館はコメントを避けている。(翻訳・編集/大宮)