「昨今、精神的なプレッシャーが原因でEDを誘発している男性は非常に多いんです」
 こう話すのは『脳で感じるセックス入門』などの著作もある弘邦医院・院長のドクター林氏だ。

 実際、EDの要因の8割は“心因性”と言われ、器質的には問題なくても、不安や緊張といったメンタル面で勃起不全になっているケースが少なくない。
 今回、ドクター林氏が説く“精神的プレッシャー”もその一つだ。
 「中高年男性の場合、不安や緊張より、気負いすぎの傾向があるのです。女性と接する機会が減りセックスもご無沙汰という方に限って、いざそういう場面になると気合いを入れすぎて、それがプレッシャーになってしまうのです」

 また、中高年男性になると、精力に自信がなくなるあまり「テクニックでカバーしないと!」といった気負いも生じやすい。これもまた、精神的プレッシャーになるという。
 「よくアダルト系の雑誌でも“若者にはない老年のテクニック”を紹介していますが、これもあまり意識するとよくないのです。セックスをしながらも、頭の中でクンニもしなきゃ、ネットリ責めなきゃ…と考えてしまっていては、快楽を楽しめない。結果的に快楽に集中できず、勃起不全に陥りやすいのです」

 確かに中高年男性の中には“俺は自分が射精することよりも女性をイカせることに興味がある”と豪語するタイプもいる。
 「それも素晴らしい考えであることは確かですが、女性をイカせるのが自分の務めみたいな考え自体、実は自分自身にプレッシャーをかけてしまっている。結局、そういう人ほどEDに悩んでいるのも事実です」

 もっと気楽にセックスを楽しむことが大事というわけだ。
 だからといって、それまで“自分なりのこだわり”を持ちセックスをしてきた男性が、そう簡単に考え方を変えることは難しい。
 「そこでお勧めなのが、セックス中の女性と“呼吸を合わせる”方法。これは心理学の領域に入るのですが、例えば、会社のプレゼンで気合を入れすぎて空回りしやすい人は、まず目の前にいる人の呼吸を見るのです。じっくり観察すれば、息を吸って吐くタイミングが分かってくる。それに合わせて自分も同じように呼吸することで、気負いがなくなるのです」

 これは、一対一で男女が向き合うセックスでも非常に有効な手段なのだ。
 「女性は興奮が高まると、息も荒くなります。そのとき、男性も同じように息を荒げる。そうやって一心同体になることで、“彼女をイカせなきゃ”と気負っていた考えも消えていき、2人でこの時間を楽しもうという気持ちになるのです」

 ただし、注意点がある。呼吸を合わせる、という行為そのものにもこだわりすぎないことだ。
 「逆にそれが精神的プレッシャーになる可能性もありますからね。とにかく人間は、加齢とともに何事にも頑固になりがち。セックスにおいても数々の経験から“こうしなければならない”となってしまっているケースが多いので、今一度、柔軟に、素直に性の快楽を味わうことがED改善の第一歩です」

 頭を柔らかくして、アッチをビンビンに硬くしよう。

ドクター林
弘邦医院(東京・江戸川区)院長。『脳で感じるセックス入門』や『お医者さまが教える癒されてもっと気持ちよくなる!』など著書も多数。ED治療にも精通しており、現在、同医院では局部海綿体注入法による「ICI治療」も行っている。