広州恒大が試合終盤の失点でシドニーFCに敗戦… 2戦未勝利で浦和戦へ《ACL2016》

写真拡大

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2016・グループH第2節のシドニーFC(オーストラリア)vs広州恒大(中国)が2日に行われ、ホームのシドニーFCが2-1で勝利した。

▽初戦でゴールレスドローに終わった広州恒大が、浦和に敗れたシドニーFCのホームに乗り込んだ一戦。ジャクソン・マルティネスやグラル、パウリーニョらがスタメンに入った広州恒大だったが、17分にスタンボルジエフのゴールでシドニーFCに先制される。この直後の21分にJ・マルティネスがPKを獲得するも、キッカーのグラルが失敗し同点のチャンスを逃す。

▽それでも広州恒大は25分、PKを失敗したグラルのアシストからフアン・ボーウェンが同点弾を奪取。追いついた広州恒大は、その後にJ・マルティネスやパウリーニョがシュートに持ち込むも、勝ち越すことができずに前半を終えた。

▽後半に入ってもゴールを奪えない広州恒大は、交代策を用いてゴールを目指す。しかし、交代策が的中したのはシドニーFC。88分、左サイドのカーニーのアシストから途中出場のディミトリエビッチがゴール左隅にシュートを決めた。結局これが決勝点となり、シドニーFCが2-1で前回王者に競り勝った。一方、この試合でもJ・マルティネスが不発に終わった広州恒大は、2戦未勝利と苦しいスタートとなっている。