1日、中国では15年に1442万人の農民が貧困から脱却した。

写真拡大

2016年3月1日、人民日報海外版によると、中国国家統計局は2月29日、「2015年国民経済・社会発展統計公報」を発表した。これによると、中国農村部の貧困人口は2014年の7017万人から2015年には5575万人まで減少、1442万人が貧困状態から脱却した。

2014年に7.2%だった貧困発生率は5.7%に低下した。これは「2015年に1000万人以上の貧困人口を削減する」任務を目標超過で達成、「十二五(第12次五カ年計画:2011−2015年)」期間中の貧困扶助・開発事業が首尾よく終了したことを意味している。

各級財政は2015年も引き続き貧困扶助資金の配分額を増加した。このうち省レベル投入額は前年比25%増の335億元(約5800億円)。各レベル金融機関は前年比約20%増に当たる1200億元(約2兆円)の貧困扶助小額貸付を発給した。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/武藤)